« 2016年3月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

「白石時間割」 3時間目は新荘川を歩いて下る&上る

これは、はまります。

清流・新荘川を歩いて下る&上るというのが、7月18日の「白石時間割」。
いま、「キャニオリング」というアクティビティが流行っております。「キャニオニング」というのは、
 自然を感じながら川や沢の流れとともに 自分の身体ひとつで渓谷を下る アウトドアアクティビティです。 岩が水により削られて出来た天然のウォータースライダーを滑ったり、天然のプールに思いっきり飛び込んだり、大自然との一体感とスリルを味わえるリバースポーツです。(http://www.gdexr.com/tour/canyoning/canyoning_about.html)
ということらしいのですが、ここまで本格的ではないものの、白石地区の新荘川でも十分に満喫できます。
午前中は、下ります。
P7180014
P7180021

P7180041
ここは本当に綺麗でした。川岸の緑は、苔の色です。
P7180044
P7180054
P7180065
高低差はあまりないですが、ちゃんとウォータースライダーもできます。
P7180072 ここはまあまあ長い距離を滑ります。学校の下あたりです。
P7180108 この透明度です。すごいですよね。
P7180148
P7230017 川の中で撮った写真ですよ。透明度がすごい!
午後からは、歩いて上ります。上りの方がきれいで、楽しめました。
P7180163
P7180170
「新荘川グリーン」です。この透明度はすばらしいです。
P7180188 平島くん、登っております。滑るんですよね。
P7180210 こういう飛び込みができるスポットもあります。
P7180212
P7180242
本当に楽しい。こういう遊びができる白石地区が大好きです。
P7180247 学生も楽しんでいますね。
P7180255 この夏、私はここに何回通うのだろうか。毎日でも行きたいところです。
でも、「一人では行かないでください」と事務職員にきつく言われています。アウトドアの活動は危険が伴いますので、必ず地元の方にガイドを頼んでください。
しかし、都会育ちの私には、この日の川歩きは新鮮でした。
都会に暮らす人たちに是非体験してほしいです。
私はカヌーが趣味で、北海道の釧路川を数年に一回下っています。内容は違いますが、同じようにワクワクできますし、水につかるので爽快感があります。
行ってみたい人、是非私に声をかけてください。行きましょう!それほどにすばらしいです。
(熱血ゼミ主宰)

「白石時間割」 

「白石時間割」 

「白石時間割」 大掃除ー学生たちの宿泊所ができました

旧白石小学校の校舎を大掃除して、宿泊所ができました。

高知県立大学の学生たちが津野町で活動するときの拠点ができました。
P6250001
P6250009
P6250016
P6250040
P6250041
P6250047
P6250053

「白石時間割」  大運動会

旧白石小学校が廃校になってから開催されていなかった地区運動会。見事に復活です。

1944年、太宰治は故郷の津軽の運動会をみて、こう記しています。
「こんな気持ちをこそ、夢見るような気持ちというのであろう」
全く同じ感動を、白石大運動会で味わうことになりました。
この感動を共感していただくのに、言葉はいらないと思います。
Dsc_9121
Dsc_9153
Dsc_9314
Dsc_9331
Dsc_9347
Dsc_9362
Dsc_9438

Dsc_9447
Dsc_9473
Dsc_9525
Dsc_9570
Dsc_9630
Dsc_9639
Dsc_9809
50人を超える学生たちが参加しました。
その場で指示を聞いただけで、見事に運営を担いました。
この学生たちはすごいです。
地元のおんちゃんやおばちゃんたちは、もっとすごかったです。
もう一度、太宰治の一文で結びとします。
「古代の神々の豪放な笑いと闊達な舞踏をこの四国の辟陬(へきすう)において直接に見聞する思いであった」  (※太宰の本文は「本州」)
(熱血ゼミ主宰)

「白石時間割」 1時間目

「白石時間割」 1時間目

津野町白石地区の地域特性を生かしたまちづくりイベント「白石時間割」、はじまりました。

いやいや、おもしろかったです!!!!!!
1時間目は茶摘みです。
5月1日日曜日、天気は晴れ!
旧白石小学校校舎内で、松浦健吉校長先生からご挨拶。
Dsc_0002
さっそく西森英幸さんの茶畑へ。
Dsc_0026
夢中になって摘んでおります。本当は一芯二葉という摘み方がいいのですが、みんな夢中になってむしり取っております。(笑)
校舎に帰って昼食。山菜のてんぷらとタケノコご飯。岩川さん、タケノコご飯に喜んでおります。
Dsc_0043
昼食後は、お茶を炒った後に、ひたすら揉みます。これがなかなかたいへんで。熱くて、力が必要で…。
Dsc_0051
P5010078
かなり厳しい作業でしたが、たくさんのお茶ができました。
Dsc_0068
ゼミの卒業生の清遠梓さんが参加してくれましたが、彼女はなんと、越知町横畠地区担当の地域おこし協力隊員になっております。すばらしい!
清ゼミで学んだことを生かして、地域の活性化のためにがんばってください!
それにしても、津野町白石はいいところです!
(熱血ゼミ主宰)

山田高校で新聞ばっぐづくりを教えてきました

皆さんこんにちは!(^^♪
3回生の小笠原杏奈です!!
さて、私は、山田高校で行った新聞ばっぐ作り教室について書きたいと思います。

今回は、山田高校の3年生に新聞ばっぐの作り方を教えました。
皆さん一生懸命折っています!
Image1
生徒の皆さんとても覚えるのが早く驚きました!
何度か足を運び、中サイズと大サイズを教えたのですが、4回目訪れた際にはもう作り方をほとんど覚えている生徒さんもいました……!
しかも、すごくキレイに作れていて、さらに驚き!私が覚えたての頃作った新聞ばっぐよりも数倍、完成度の高いものができていました……(笑)
4回目で最後だったのですが、こんなにもたくさんの新聞ばっぐができました!

Image2

Image3
記事もカラフルなものがあり、出来栄えがとてもキレイですね♪
生徒さんの中には、新聞ばっぐ作りが楽しくて、家で作ったという子もいました!私としては、作るのを楽しんでもらえたことが何より嬉しかったです!(*^^*)

今年度も参加者の皆さんに楽しんでもらえるような新聞ばっぐ作り教室を行っていきたいです!
ここまで読んでくださりありがとうございました(o^^o)
以上、小笠原でした!

« 2016年3月 | トップページ | 2016年8月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ