« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

とおわ最終

 ここは、清ゼミは思い出が多いよね。

Img_0018  多くのゼミ生にとっては、道場だったかもしれません。インターンシップの途中で戻ってきた尚子が、「ここに帰りたい」と、泣いたよね。その日のうちに、戻っていった場所。鍛えてもらったよね。北川、計算が合わなくて、困った。その北川を阿部が面倒見た。宇田ちゃんも行ったね。佐田久は、ここで仕事をしています。刈谷は、ここで実力を発揮した。
Img_0025
 その場所から、四万十ドラマが撤退です。今日、課長と一緒に、最後のシーンを見届けに行ってきました。
Img_0030
 県庁の超大物の方も来られていた。京都の南山城町からは、お二人が片付けの手伝いに来られていました。どういう存在か、よくわかるでしょう?
 この場所がなくなってしまうことが、どうしても理解できません。
Img_0016
 人気のバイキングを作っていた、おばちゃんたちも撤退です。心があるから。
 四万十町は、何がしたいの?全然わかりません。
 私は、二度とあの道の駅には行きません。そういう人がたくさんいると思います。では、何のための指定管理者の交代なのか。
 次回からは、「よって西土佐」に行きます。みなさん、どうぞごひいきに。考え方がしっかりした駅長さんが経営しています。
 
 元ゼミ生たちよ。ここでお世話になったゼミ生は、ぜひ、コメントしてください。畦地さんに届くように。
             (熱血ゼミ主宰)
 

西内組が卒業しました

 3月20日、西内組の5名が無事に卒業しました。

Img_1065  テレビ取材を受けておりまして、美人揃いだったということでしょう。(笑)
 元気に羽ばたいてください!
             (熱血ゼミ主宰)

集落活動センターなめかわ開所式

 昨年の秋、西内、上村、宮地とお手伝いした集落活動センターなめかわの開所式に行ってきました。

 Dsc_0061 まずは、設立総会です。規約、役員、予算などが可決され、設立が決定しました。
Dsc_0074  知事が到着され、小雨の中で看板が掛けられました。みなさんうれしそうです。
Dsc_0081  私たちは、4回のワークショップに伺い、私がメインのファシリテーター、学生たちが各グループについて補助をしました。学生たちをかわいがってくださって、話が進みました。
 地元の区長さんは、私たちが参加したことで、みなさん本気になったと。学生たちにはそういう働きができます。すばらしい力です。
 期待されていることは、「これからも来てください」ということ。もちろんです。私たちは一見さんではないです。何ができるかはわかりませんが、少なくとも集落支援員の方が、畦地さん・迫田さんの知り合いということでしたので、彼女の応援を通じて集落活動センターの応援をしたいと思います。
 また、この地は、故上村嘉寿彦さんとの思い出の場所です。上村さんは、私もですが、ゼミ生の矢野梓をとってもかわいがってくださった。このご恩は絶対に忘れません。上村さんはきっと、この集落活動センターに期待されていたはずです。上村さんのためにも、やれるだけのことはします!上関は、故星野絹枝大姉も大事にしていました。
 がんばりますよ!
         (熱血ゼミ主宰)
 

かなり良いですよ

Img_1041 永国寺キャンパスの庭に、すてきなオブジェが登場しました。

 写真の真ん中の白いモノです。風を感じる動きをしています。
 しらさぎ会の寄贈なのですが、私はこの作品は大好きです。
 時間ができたら、一日中、じっと見ていたいと思います。
 すてきです!
         (熱血ゼミ主宰)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ