無料ブログはココログ

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月30日 (日)

6月30日 高知新聞の購読を止めます

 ここから書くことは、私事です。大学とは関係ありません。このブログがもとで、また良くないことがあるかもしません。これは、清原泰治個人が、個人のブログに書いていることです。すべての責めは、清原泰治が負います。高知県立大学とは一切関係ありません。また、このブログの文章を引用されるときは、私の許可を取ってください。

 1981年に高知に来ました。高知大学に入学するためです。高知新聞の方が勧誘に来られて、定期購読を始めました。小学校3年生の時から、毎朝毎夕、新聞を読んでいました。高知に来ても、この習慣は止めませんでした。筑波大学大学院に進んで、1990年に高知に戻ってきました。そのときも、すぐに高知新聞に電話して、入れてもらうようにしました。以来ずっと、ほぼ毎朝、私の日々の暮らしは高知新聞を読むことから始まっています。

 1990年代、高知新聞の夕刊に、「高知のスポーツ—明日を目指して」という連載をしました。担当は、故岡宗武弘運動部長でした。私のことを息子のようにかわいがってくださって、世の中に出してくださった。毎週、記事に関する写真を探してくださって、私の文章を褒めてくださった。連載は本になり、高知新聞社から出版してくださいました。岡宗さんとの出会いがなければ、いまの私はありません。門田ですき焼きをごちそうになり、スポーツの話をたくさん聞きました。もう亡くなりましたが、高知新聞社が大好きな方でした。このたびの決断を、岡宗さんに心からお詫びしたいと思っています。

 M記者は、大学生の地域活動を1年間高知新聞で取り上げたいので協力して欲しいと言われました。企画段階から協力して、おかげさまで、本学の域学共生は一気に県民の知るところとなりました。声をかけてくださって、感謝しています。

 Y記者は、異動になるたびに私が地域活動をしている場所の担当になり、私のゼミの活動を熱心に記事に書いてくださいました。清原熱血ゼミの学生たちは、新聞に取り上げられるたびに自信をつけて、大きく育っていきました。B記者も、I記者も、私たちの活動を応援してくれました。心から感謝しています。

 「新聞を読んで」を依頼されて、書きました。2ヶ月に一度、身を削るような想いで、一言一言吟味しながら書きました。「一字一涙」の良い経験になりました。

 2002年の高知国体の時には、H記者の担当で、毎日、その日の国体会場で見つけたことを連載するという仕事をいただきました。国体の会場を回り、ネタを見つけ、家に帰って執筆し、18時までに原稿を送る。若かったですね。もうあんなことはできません。(笑)でも、本当に力が付きましたね。Hさんとはもうずいぶん会っていませんが、あのお仕事をくださったのは、私を信頼してくださっていたからだと思います。感謝しています。

 その国体の1年前には、国体に向けての期待や、国体後のことを提言する1面の記事を書かせいただきました。苦しかったです。これは本当に苦しかった。でも、新聞に掲載後に恩師から電話があり、「もう3回目を読んだが、これは良い。君の言うとおりだ」と褒めていただいた。

 高知新聞社のみなさんは、私の人生を豊かにする貴重な機会を何度もくださいました。心から御礼を言いたいと思います。

 けれど、最近は、朝から高知新聞を読むのが苦痛になっていました。もう、怖くて、朝、高知新聞を開くのに勇気がいるようになっています。

 悪いのは、私たちです。図書の大量焼却。再利用の方途を選択せず、蔵書を焼却したことは許されることではありません。だから、猛省して、第3者による検証委員会を開いて問題点をはっきりさせていただいて、総合情報センター長のもとでいま、もう二度とこういう過ちを犯さないようにするための手立てを進めています。それは、本学のHPに公表しています。トップページにお知らせのバナーをあげておりますので、簡単に入れます。ご覧になってください。

 それでも、高知新聞社には許していただけないようなのです。「灰まで焼け」「続・灰まで焼け」が連載され、県民からのおしかりの投書も続いています。私たちは県民の声を真摯に受け止め、もう二度と、このようなことがないように、できる限りの方法で再発を防止しなければなりませんし、域学共生の理念に立って、高知県の読書文化の振興に寄与しなければなりません。実際に、私は今、高知県教育委員会から依頼を受けて、県内の市町村の図書館をどう活性化するかを検討する委員会の委員をしています。オーテピア高知図書館では、オーテピアンズの学生たちががんばっていますが、顧問は私です。昨日から、読み聞かせのトレーニングが始まっていますが、その講師は私がお願いした人が務めてくださっています。

 つらくても、高知新聞に書かれているおしかりは、知らねばなりません。大学は高知新聞を取っていますので、常に目を向けて、真摯に受け止めます。そして、どうしたら良いかをよく考えて行動します。これは、すべて県民にお約束します。でも、朝一番に、高知新聞を読むことだけは、もうどうしても無理なのです。お世話になった高知新聞社のみなさまに、心からお詫びします。

 一つだけ、残念だったことがあります。2019年6月18日の高知新聞に私のメールの一文が無断で引用されていました。昨年8月に、犯罪になるかもしれない事件(高知新聞でも取り上げられた)で、流出したものでした。「ここは絶対にぶれずにいるべき所と思います」。この一文について、私は取材を受けることもなく、真意を聞かれることもなく、そのまま掲載されたのでした。「ここは」が何をさすかによって、このメールの意味は違ってきます。また、その前後のメールのやりとりも、本当の意味を理解する上では大切だと思います。書いた私の役職にもよります。でも、記者さんは何も聞いてくださらなかった。この記者さんとは、一度も話したことはありません。せめて、「この流出したメールはホンモノですか」くらいは聞いていただいても良かったのではないでしょうか。

 地域教育研究センター長としてではなく、広報委員長として、どこに広報のポイントを置くかを意見したつもりでしたが、それがまさか、域学共生と結びつけられ、私の信頼が失墜するかもしれないような引用のされ方をするとは、もちろん予想することはできませんでした。広報委員長として、何かを隠蔽しようと思ったことはありません。事実をねじ曲げて広報しようと思ったこともありません。ありのままを伝えるのが県民大学の使命と思っています。守りたかったのは、総合情報センター長でした。彼に責任を押しつけて幕引きをすることはしたくなかった。みんなで除却リストを見て除却を判断したのですから、みんな多かれ少なかれ責任はあるのです。「大学の処理は基本的には間違っていないというスタンスを変えないように」なんて、露ほども思っていませんでしたが、そういうふうにとられ、県民に広く広報されてしまいました。

 長いブログですみません。これからの私にできることは、域学共生の理念に基づいて、県民のため、高知県の地域課題の解決のために努力を続けることです。

 高知新聞を自宅で読むことは止めますが、大学では読みます。県民のご批判は真摯に受け止めます。このことは堅くお約束いたします。

 高知新聞社のみなさま、販売店様、たいへんお世話になりました。ありがとうございました。

 

【追伸】先ほど、担当の販売店さんがご挨拶に来てくださいました。本当に、申し訳ないのですが、朝、新聞を開けないこの状態で、続けることはできません。本当にお世話になりました。

 

 

 

 

2019年6月28日 (金)

6月28日の予定

午前中は研究室にいます。

午後は池キャンパスで会議です。

2019年6月27日 (木)

6月27日は終日研究室

 今朝は、息子をアルバイト先に送り、7時50分には大学に来ています。(笑)

 昨日、待望の(?)梅雨入りして、今日はさっそく大雨です。降りますねえ。ただ、一番風雨がひどいのは今で、数時間すると抜けるようですね。午後には止むのかなあ。天気予報は終日雨になっていますが…。気象庁のHPで雨雲の動きを見ると、10時の時点で、西の方はもうあまり降っていませんね。

 さて、そういう天気ですので、今日は研究室います。14時から1時間ほど打ち合わせがありますが、ほかは研究室で業務の処理をしています。

 Img_0500

 そうそう。これは昨日撮影しました。高知市内ではいま、新しい自動車専用道路の工事が進んでいます。ふと思ったのですが、この橋脚はバランスが良くないと思いませんか?大きな地震が来たときに、左に崩れるのではないかと…。下の土地はあいているのに、なんでこんなに左に寄せているのでしょうか?こっちの方が強いのかなあ?

 

 

2019年6月25日 (火)

6月26日の予定

 明日は水曜日。午前中は池キャンパスで体育授業です。

 授業が終わったら永国寺キャンパスに戻って、終日、仕事をします。

 明後日の連携推進会議、来週の高等学校等進路担当者説明会の準備が主です。他にもたくさんあります。(笑)

 

 今朝の散歩道です。

 Img_1786 

 私の好きな小径です。田舎らしくて良いでしょ?

 Img_1787

 これはコスモスです。かなりあちこちに咲いています。

 Img_1796

 みかんがなっています。

 Img_1798

 ミツバチ発見!(笑)

2019年6月23日 (日)

6月24日の予定

 23日は朝からずっと研究室で仕事をしておりました。しかし、なかなか終わりません。

Dscn0954

 夕方の雨はすごかったですね。ちょうど、実習のバスが戻るところだったらしく、いの町で大雨に遭ったそうです。特に被害は発生していないという連絡を受けています。

 24日は、10時から佐川町まち・ひと・しごと創成推進会議に出席します。自宅を8時30分には出ます。

 12時には終わりますので、永国寺キャンパスに13時までには着くと思います。

 13時からは学内研修の越境シリーズを聴講する予定ですが、途中で抜けることになるかもしれません。

 16時20分から池キャンパスで体育授業です。

 その後は、自宅に戻ります。

 明日もなかなかハードですね。でも、懸案事項は増えるばかりです。

Dscn0929 Dscn0948

野々下祐生の披露宴に行ってきました

 昨日、予告のとおり、6月22日土曜日17時30分からの野々下の披露宴に行ってきました。

Img_0574

 すでに酔っております。(笑)野々下は今日もいい男でした。(笑)

Img_0573

 岡崎組の高橋(旧姓岡崎)史花、阿井瑞希、猪崎希美、高橋わかな、武森大和が列席しました。

 先輩たちの残した成果やノウハウを引き継ぎ、清原熱血ゼミ史上最高の成果を上げた岡崎組です。その活動は、立志社中を構想する中でのモデルとなりました。

 久しぶりの勢揃いとなりましたが、やはり違う!(笑) 

 年内に「立志のたまご」のメンバーに会ってもらうようにお願いしました。僕にどうやって怒られたら良いか、語ってもらいたいと思っています。(笑)

6月23日は沖縄の慰霊の日

  8月15日は知っていても、6月23日が何の日か知らない人は多いと思います。沖縄での地上戦が終わったとされる日です。県民の4人に1人が亡くなったと聞いています。この日のことを教えてくれたのは沖縄から本学に来ていた学生さんでした。確かお名前は比嘉さんだったと思います。沖縄では6月23日は学校が休みになると。沖縄の子どもたちは、この日の意味を学校で教わるのだと。私は比嘉さんと、この職場にいる限り、学生たちに沖縄の慰霊の日のことを語ると約束しました。

   今年もここに書くことで、皆さんに伝えます。

    6月23日は、沖縄が大好きだった、星野絹枝さんの命日です。父が亡くなった次の日、星姉さんは亡くなりました。あんなに可愛がってもらったのに、私はお葬式に出ることもできなかった。心残りです。

  高知学園短期大学に就職したとき、大きな女性がいて、それは体格だけでなく、声も、そして何よりも心の大きな女性でした。砲丸投げの高知県記録保持者でした。坂本龍馬のお姉さん、乙女姉さんは土佐のお仁王様と呼ばれていたそうですが、まさに、乙女姉さんはこういう人だったのだろうと。坂本龍馬大好きの私は、たいそううれしくなり、それから星姉さんと呼んでいました。

  星姉さんは沖縄に出張に行ったとき、ひめゆりの塔に行き、そこで語り部さんの話を直接聞いてきていました。話好きの星姉さんは多分、あれこれ聞いたんだと思います。正義感の塊みたいな人だったので、猛烈に憤り、帰ってきてから沖縄の苦しみを私たちに熱く語り伝えてくれたのでした。

  父と同じように、会えなくなってからの時間が過ぎていきます。両親と同じように、私にとってはなくてはならない星姉さんでした。 

「キヨ!しっかりしろよ!グズグズ言ってんじゃないよ!」

  あの大きな声が、今でも聴こえてくるような気がしています。 

  戦争の惨禍に遭われた沖縄の犠牲者の皆様に、そして星姉さんに。合掌。

  

2019年6月22日 (土)

6月22日は父の命日です

 4年前になります。平成27年6月22日、父が逝きました。

 ♪呑んで呑んで呑まれて呑んで…♪ の人生でしたが、母と一緒に50年以上生きてこられて、幸せな人生だったと思います。

 母の葬式の時に、親戚から、「あんたのお父さんとお母さんのおかげで、いまの自分がいる」と言ってもらったことがあります。

 母の実家の熊本の親戚が人生の新しいステージに踏み出そうとするとき、母を頼って福岡に出て来て、しばらく私の実家にいたそうです。それを父は受け入れていました。やさしい親父でした。もし生まれ変わってくることがあるなら、もう一度、あの親父の子どもに産まれてきたいです。ややこしい親父でしたけどね…。(笑)

 残念だったのは、酒好きの親父と酒好きの息子があまり呑んでいないことですね。もっともっと、いろいろなことを聞いておけばよかったと、後悔先に立たずです。

 

 今日は、午前中は庭の草刈りをします。午後は、息子の用事につきあい、夕方は元ゼミ生の野々下の披露宴です。妻となる女性も本学の卒業生なのですが、以前からたいそうな美人と聞いていて、でもまだ会えていませんでした。どれほどの美人か、見てきます。(笑)
 そして、岡崎組のかわいい教え子たちと会えるでしょう。(笑)こちらも楽しみです。

 「課題を投げたら企画書になって返ってくる」と言われた‘伝説のセンパイ’の野々下です。お祝いと、清ゼミの型を作ってくれた感謝の言葉を伝えてきます。

 

 

2019年6月20日 (木)

6月21日は研究室

 今日の会議は疲れました。朝からずっとでしたので…。

 明日は、

 10時20分に学生と面談

 16時20分から立志のたまごの学生たちとミーティング

 で、あとは研究室にいます。

 やや重い仕事をするつもりです。

2019年6月19日 (水)

6月20日は会議の日

みなさん、こんばんは。今は、高知放送の番組審議会のメンバーの有志と飲んで帰るところです。

それぞれの道の達人ですから、楽しかったです。

 

明日の予定です。

10時から池キャンパスで会議

13時から池キャンパスで会議

18時30分から土佐市のまち・ひと・しごと創生会議

会議ばっかし!(笑)

2019年6月17日 (月)

6月18日は午後に「中山間を知る」の講演

 明日6月18日は、午後から「中山間を知る」の講演を池キャンパスでします。

 これは、本学が取り組んでいる中山間地域等訪問看護師育成講座の一コマで、もう数年間やっています。

 毎年、同じネタで、中山間地域の課題を話してきましたが、今年は少し変えて、もっとポジティブに中山間地域で働くことの意味を考えたいと思います。

 明日は、

 午前中 永国寺キャンパスで体育授業

 13時30分〜15時 池キャンパスで講演

 その後は自宅に戻って、明後日の高知放送番組審議会の準備をします。

 講演は楽しみでもあり、でも、緊張もします。

 明日は、一人でも多くの「同志」を刺激できるように、がんばります!

 

2019年6月16日 (日)

6月17日の予定

 天気が続きますね。しかし、15日に公立大学協会で会議があり、午前中の便で出かけたのですが、途中名古屋あたりから飛行機が大荒れで、久しぶりに怖いくらい揺れました。シートベルト着用のサインが消えず、ついに、トイレに行けないまま、東京に着きました。(笑)これが一番怖いですね。(笑)

 公立大学協会での会議のあとは、名古屋市立大学副学長の伊藤先生や三浦先生たちと虎ノ門の居酒屋で飲みまして、かなり…。(笑)楽しかったです。名古屋市立大学にも立志社中のようなグループができており、「温知学要」という名称になったそうです。(やや記憶に自信がない)徳川宗春の「温知政要」から来ているというのは記憶があるのですが…。

 滋賀県立大学の「近江楽座」、高知県立大学の「立志社中」と並ぶ存在となって、公立大学の華となることを期待しています。楽しいね!

 ということで、本日、東京からの飛行機で帰ってきました。今日は快適でした。

 家に着いたら、岡山にいる娘から誕生日と父の日のお祝いが届いておりました。

 Img_0489

 自分の名前をラベルにすることができるのですね。本当にうれしかったです。良い娘でしょ?(笑)

 

 6月17日の予定です。

 9時から 池キャンパスで会議。終了後は永国寺キャンパスに戻ります。

 15時から池キャンパスで会議

 16時20分から池キャンパスで体育授業

 空き時間は、明後日の講演の準備をしています。何かありましたら、ご連絡ください。

 

2019年6月14日 (金)

今日6月14日は父の誕生日でした

 昨日の私の誕生日には、たくさんの方々にお祝いをいただきました。ありがとうございました。無事に58歳になりました。

Img_0488

 地域連携課の皆さんには、チキンラーメンを箱でいただきました。私のランチは、これが多いのです。ありがとうございました。

 昨日は、カヌーに行っておりまして、水良し、風良し、天気良しの、素晴らしい仁淀川下りを楽しんで来ました。

Dscn0908 Dscn0911

 パートナーの和田さんには、大好きなヱビスビールのセットをいただきました。ありがとうございました。

Img_0487

 夜は「焼き肉の町・土佐山田」の老舗焼き肉店「とんちゃん」で焼き肉とビールをたらふくいただきました。

 日付が変わって今日14日は、亡父の誕生日です。1930年生まれですから、生きていれば89歳ですね。たいへんな男前の父でした。大酒飲みでしたが…。(笑)良い父でしたよ。生まれ変わってくるときは、また、清原信の息子で生まれたいです。

 父が58歳の時、私は27歳でした。大学院にいた頃です。父も、今の私と同じような感覚でいたのでしょうか?そういうことを最近よく思います。今の私?18歳の時のままですね。(笑)青春まっただ中です!多分、このまま生きていくのでしょうね。(笑)

 明日と明後日は東京です。公立大学協会事務局で、全国LINKtoposの打ち合わせをしてきます。

 

 

 

 

 

2019年6月12日 (水)

6月13日の予定

 明日は、6月2日の出張の代休です。

 朝から、仁淀川にカヌーに行きます。念願の平日カヌーです。(笑)

 写真は明後日アップします。

 明日は、58歳の誕生日です。一緒に川下りしてくれる和田さんに感謝します。

 では、また明日!

2019年6月11日 (火)

6月12日の予定

 明日は、祖父・清原勘次郎の命日です。偉い爺さんだったと聞いていますが、良くわかっていません。(笑)

 貧しい人たちの味方だったらしい。いくつかの伝説は聞いています。ただ、祖父を信奉していた母の言葉なので、どこまで事実かもわかりません。

 Img_0476

 まあしかし、元部下のみなさまの手で伝記になっているほどですから、偉かったんでしょうね。今度、ちゃんと読みます。

 Img_0475

 私の兄がそっくりですね。兄は優秀な人で、あれくらい頭が良かったら、私も良かったのですが…。しかし、よく似ていますね…。(笑)

 そういう凡庸な私ですが、明日は忙しいです。(笑)体力と気力の限り、がんばります。

 午前中は池キャンパスで体育の授業

 13時30分から15時まで共済会館で県の会議

 16時から池キャンパスで学長面談

 17時から永国寺キャンパスでキャリア支援部会

 

2019年6月10日 (月)

6月11日は県議さんたちが大学に視察に来られます

 明日は、

 午前中永国寺キャンパスで体育実技

 午後 池キャンパスで県議さんたちの視察

 です。大好きな森田英二県議に会えます。(笑)

 久しぶりに花の写真を。夏になっていますね。

 Dscn0864 Dscn0881 Dscn0870 Dscn0876 Dscn0889 Dscn0887 Dscn0884

ねばならない仕事が終わりました

一昨日の県大立志塾、昨日6月9日には土佐学大会が終わりました。

一連の「ねばならない仕事」が終わりました。今日からは「したい仕事」をします。

6月10日は

9時30分 池キャンパスで学長に報告

16時20分から池キャンパスで体育です。

飲み過ぎ、食べ過ぎが過ぎていますので、今日からは生活の立て直しします。明日からは弁当持参です。(笑)

また、痩せますよ。

Ad83275d4312411d8885c9eab5c95efc



2019年6月 4日 (火)

6月5日の予定

 6月4日も忙しかったです。本当に、綱渡り人生です。まだまだ残っています。明日も頑張ります。

 5日の予定です。

 1,2時限は池キャンパスで体育実技です。

 永国寺キャンパスに戻って、工科大の先生とスポーツを語ります。(笑)

 オーテピアンズが読み聞かせの研修を受けたいというので、こどもの図書館にお願いに行ってみます。

 明日も、フル稼働です!

 あーー、5月の研究室在室状況の報告も忘れていた!

 あーーーーーー!まだ何か忘れているかも…。

6月4日の予定

おはようございます。

4日は午前中、永国寺キャンパスで体育。

午後は研究室で仕事をします。

17時ごろに来客です。


2019年6月 3日 (月)

6月3日の予定

今日は飛び回らねばなりません。

10時30分〜池キャンパスで会議

13時30分〜高知大学で会議

15時30分〜池キャンパスで会議

16時20分〜池キャンパスで授業

この予定を、本当にこなせるのでしょうか?(笑)

2019年6月 1日 (土)

6月は黒潮町への出張から

 6月は黒潮町の出張から始まります。

9月の3日から5日まで、全国公立大学学生大会というのが黒潮町で開催されます。公立大学協会が行うのですが、私は今その主査をしていて学生たちのお世話をすることになっています。今日は、学生の実行委員会のメンバーが黒潮町の視察に行きますので、同行することになっています。全国から、まちづくりに取り組んでいる公立大学の精鋭たちがやってきますので、大変楽しみです。

昨日の、梼原高校での講演は、先生のお話では、生徒さんたちの評判が良かったそうです。でも、心底疲れてしまっており。これから先、こういう講演を受けるのはよく考えてからにしようと思っています。ちなみに、昨日の講演のテーマは「大学の魅力に迫る」でした。体育の先生がやる講演しょうか。(笑)なんでもすぐにひきうける。スライドができたので、このテーマなら引き受けますよ!

福岡のお姉ちゃん、弟は頑張っているぞ!(笑)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »